ごはん部トラナビ

毎日のごはんのように寄り添いたいゆるネタサイト

ゆず湯以外の柚子(ゆず)の使い道 – 簡単レシピ付き!

time 2015/12/27

とうに冬至を過ぎましたが柚子の話です。

さわやかで、どことなく和風の上品な香り。単品で買うと割高ですが、たくさんもらっても使い道に困っちゃう柚子の活用方法をご紹介します。

そもそも冬至とは?何する日なの?

そもそも冬至って何?という方にご説明。

冬至(とうじ)とは、一年で一番昼が長い日のことを指します。
2015年は12月22日、2016年は12月21日となっています。

逆に、一番昼が短い日を夏至(げし)といいます。

冬至の風習として、

  • かぼちゃを食べる
  • ゆず湯に入る

というものがありますね。

ゆず湯にはなぜは入るのか

ゆず湯

冬至は一年で日照時間が一番短くなる日です。

太陽光と言えば生命の源。それが一番弱まった日に香りの強い柚子の湯につかり、身を清める(厄を払う)というのが理由でした。

実際に、ゆず湯には血行促進作用冷え性予防、豊富なビタミンCによる美肌作用が期待できます。

加えて、香り高いゆずのお風呂にゆったりつかればリフレッシュすること間違いなしですね!

冬至に忘れてならないかぼちゃ

かぼちゃの煮物

昔から「ん」の付く食べ物は運気が上がるとして縁起を担ぎ食べられてきました。

かぼちゃの別名は南瓜(なんきん)。「ん」が2こも入っています。

また、かぼちゃにはビタミンA(別名ベータカロチン)をはじめ栄養が豊富なため、寒い冬を越すために滋養をつけるという意味での先人の知恵なのかもしれません。

あまった柚子を使った簡単レシピ

田舎の知人が柚子をダンボールで送って送ってくれるのですが、薬味で風味づけに使う量なんてたかがしれてますよね。

もてあます残りの柚子たち。どう調理したものか。

そんなときにオススメの簡単レシピをご紹介します。

レンジで簡単ゆず茶のレシピ

ゆず茶

庭先で採れた柚子は農薬の心配もないし安心して使えますよね。皮が多少痛んでいても刻んでしまうので気になりません。

このレシピは超簡単です。1、2個であれば5分でできます。

用意するものは、ゆずとお好みの量の砂糖です。家にあるもので簡単に済ませたいので、グラニュー糖なんて買わずに普段使っているお砂糖で十分です。お好みで蜂蜜を使ってもよいでしょう。

  1. 柚子を横に二つに切り、中身を除く
    この際苦いのが苦手な方は白い部分をしっかり除いてください
  2. 中身は使いません。皮の部分を千切りにします
    果汁については下に紹介しています
  3. 刻んだ皮と砂糖を耐熱の器にいれ、レンジで加熱します。
    この際、皮から水分が出るので水などは不要。先の工程で除いた中身の果汁が勿体ない!って人は具合を見て少し加えてもいいと思います
  4. 皮のしんなり加減を確認しながら焦げないように電子レンジで加熱
    皮が透き通るくらいまで加熱すると食べても柔らかいです

分量も無い大概なレシピですので、加熱時間や砂糖の量はお好みで調節して頂ければとおもいます。

ジャムを作る場合は、種を茹でて「とろみ」のもととなるペクチンを抽出するなど面倒な工程がありますが、ゆず茶は電子レンジを使うことで簡単につくることができます。

ゆずの果汁でポン酢

ゆずの果汁が余ってもったいないですね。そんな時は冬に増える献立である、お鍋によく合うポン酢にしましょう。

こちらも分量などは特にありません・・・醤油とゆずの果汁を混ぜてできあがり!です

季節の行事を通じて四季を楽しみたいですね

いかがでしたでしょうか。お家で眠っている柚子を活用できそうでしょうか。

今日日、日が短くなった、長くなったなどという言葉は毎日の挨拶くらいでしか出てきませんが、先人の生活の知恵と合わせて季節の移り変わりを感じて生きたいものです。

冬になると「日本だけ不定時法を取り入れないかな」なんて都合の良いことばかり考えます。まだまだ寒い日が続きますが、お風邪など召されませぬよう。草々

Loadingお気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでごはん部トラナビをフォローしよう!

down

コメントする




CAPTCHA


果物

ポップカルチャー

プロフィール

ごはん部とらなび

ごはん部とらなび

ごはん部とらなびです。人外の柿生命体…。ではありません。