ごはん部トラナビ

毎日のごはんのように寄り添いたいゆるネタサイト

2016年はVR(バーチャルリアリティ)が流行る!?Oculus Rift、PSVR、FOVE 0他

time 2016/01/07

最近気になるのはこれ。
バーチャルリアリティのヘッドセットデバイス。

つい最近、「Oculus Rift」の予約も開始されました。

いろいろな種類の製品が巷に出てきており、アマゾンでVRヘッドセットで検索したらたくさんの製品がひっかかりましたよ。

仮想現実に人は何を期待しているのでしょう?

私の心の師匠は言いました。

「仮想現実と現実は人が区別するだけで本質的な差異は無い」

でも、仮想現実の方が人が望む世界を望むままに実現できる。という欲求・可能性などを感じさせるものではあります。

2016年いろいろなハイスペックVRデバイス(そうでないものもね)が流行るのではないか?と期待してます。

バーチャルリアリティは、コンピュータなどによって作り出された世界(サイバースペース)をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を何らかの方法で取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。 後者は、とくにユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス、テレプレゼンス (en:Telepresence)、テレイマージョン (en:Teleimmersion) と呼ばれる。また、ユーザが直接知覚できる現実世界の対象物に対して、コンピュータがさらに情報を付加・提示するような場合には、拡張現実や複合現実 (en:Mixed reality) と呼ばれる。 現実と区別できないほど進化した状態を表す概念として、シミュレーテッドリアリティ (Simulated reality) があるが、これはSFや文学などの中で用いられる用語である。
バーチャルリアリティ – wikipedia

VRヘッドセット – こんなのあるよ

最近話題のいろいろなVRヘッドセットを調べてみました!

Oculus Rift(オキュラス リフト)

Oculus.com

2016年1月7日からOculus.comで予約開始!
日本向けの発送にも対応し、価格は送料込みで94,600円!

今年、先陣を切って発売されたVRデバイス!
お値段は高めですが、電気屋さんに置いてあったら必ずかぶってみること間違いなしです。
ヨドバシやヤマダに展示されたらものすごい客寄せパンダになりますね!

オキュラスで部屋を歩き回れる?

トラッキングセンサーを部屋に設置し、自分の位置をVR空間に連動させることができるようになるそうです。

HTC Vive


HTC Vive

こちらは台湾のデバイスメーカーHTCがダウンロードゲーム販売(PCゲーム)プラットフォームのSteamと協力してリリースするVRヘッドセットです。
対応コンテンツの提供も連携がスムーズそうです。

ヘッドマウントディスプレイだけでなく、部屋にセンサーを設置したり、現実世界の空間をディスプレイで確認できたりと、リアル世界とのマッチングをはかっているのが特徴的です。

PCデバイスですので、ゲームだけに限らず業務用・実用AR的なデバイスになるかもしれません。

HTCは、Valve社と協業して開発を進めるWindows PC用VRヘッドセット『HTC Vive』の予約を開始します。米国時間では2月29日10時、日本時間だと3月1日0時から予約を受け付け、出荷が開始される予定の4月からは一般販売も行います。
VRヘッドセット『HTC Vive』のコンシューマー版予約は2月29日に開始。価格は799ドル、日本でも同時発売

PlayStation VR

PlayStation VR
ソニーには同様の商品がこれまでもあったそうですが、今回はSCEがリリースするデバイスです。
プレステ4が好調なところに相まって、「ゲーム」という切り口から一気に一般化しそうなVRデバイスですね。

2016年10月13日に発売決定。


Gear VR

Galaxy S6|S6 edge を装着することで簡単にVR映像をお楽しみいただけます。
Gear VR | ウェアラブル | by Galaxy

こちらはギャラクシースマホをはめ込むことでVR映像を見ることのできるヘッドセットです。
価格は1万数千円代(2016/04/18現在)と、他の高機能ヘッドセットに比べると割安の印象です。
その分、視野角など各種機能は高機能ヘッドセットと比べるものではありませんが、自分がまずギャラクシーのユーザーでないというところがあります…。

FOVE 0

注視点を正確に把握し、レンダリングパワーを必要なポイントのみに集中させることで、グラフィックエンジンを効率的に使用。PCの必要スペックを下げ、より多くの人へ最高のVR体験を提供。

3D空間におけるオブジェクトの視線操作は、高精度かつ直観的なユーザー体験を実現する。手を使ったわずらわしいカーソル移動は必要なくなり「考える速度」と「操作する速度」がほぼ同時になる世界へ。
FOVE | Eye Tracking VR Headset

PC向けのVRヘッドマウントディスプレイ。
最大の特徴は「どこを見ているのか」をキャッチして、それにたいしてレンダリング表示や操作などを提供する「アイトラッキング機能」。

・PCのパワーを効率的に使う
・焦点以外をぼかす自然な演出
・バーチャル世界のキャラクターとの視線でのコミュニケーション

などなど、VRの没入の次のステージを感じさせるものがあります。
FOVE 0は2016年11月3日より予約受付を開始とのこと。
(良さそう!とチェックしたところ、対応OSがWindows8以上なんですね…。自分7のままでした…。)


予約開始!

ハコスコ

ハコスコ

ダンボール製のVRビューワーとスマホを使って、お手軽にVR(バーチャルリアリティ)体験ができるスマホVRサービスです。

ダンボーみたいで、かわいいですね。
「スマホを嵌めた段ボールメガネ」です。

関連商品

ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plusサイズ対応)

新品価格
¥1,200から
(2016/1/7 14:04時点)

バーチャルリアリティで二次元へ行ける本

中古価格
¥690から
(2016/1/7 14:07時点)

VR関連まとめリンク

ヘッドマウントディスプレイの新商品は次から次へと登場してきますね~。

しかし、バーチャルリアリティは視覚だけではありません。

今後他の多くの分野で仮想現実のデバイスが実用化されてくるのを期待しております。




Loadingお気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでごはん部トラナビをフォローしよう!

down

コメントする




CAPTCHA


ガジェット

プロフィール

ごはん部とらなび

ごはん部とらなび

ごはん部とらなびです。人外の柿生命体…。ではありません。