4月5日ヘアカットの日 | 今日は何の日?

2017-01-23

ヘアカットの日
TheJadedEye / Pixabay

4月5日はヘアカットの日。ヘアカット、というとオシャレなかんじですが、意外や由来は明治時代の法令からきています。

ヘアカットの日の由来

明治5年4月5日(旧暦。新暦では1872年5月11日)のこの日、東京府が女子の断髪禁止令を出したことにちなむ。前年に散髪、脱刀が許可されたが、これを受けて髪を短くする女性が続出したため、「男性に限って許可した断髪を女性が真似てはならない」という禁止令を発布したものである。
4月5日 – Wikipedia

フェミニストが聞いたら暴動が起きますね。男の勝手で何よ~!!って。

それでも、きつく結い上げた日本髪は頭痛の原因になったり、結った髪はそうそう洗わず不衛生な上床屋代がバカにならなくて庶民の家計を圧迫するので、政府側も「日本髪やめなさい。」というより、機能的な髪型にしなさい、という方向にはなっていきます。

女性の社会的立場、大正時代以降の社会進出と女性の髪型を合わせてみるとなかなか面白いです。今は髪型も服装も自由でいい時代になりましたね~。

日本髪
albertobelenguer / Pixabay

同じ1870年代の西欧はというと、スカートの後ろ側を膨らませたバッスルスタイルが流行。髪型も高く結い上げていました。こちらも実用性には程遠い恰好だよね。

バッスルスカート
ArtsyBee / Pixabay