ごはん部トラナビ

毎日のごはんのように寄り添いたいゆるネタサイト

カラオケで高い声で歌える!?ヘッドボイスの出し方とは | How to Sing With Head Voice

time 2016/03/01


こんちは~。

みなさんカラオケ好きですか?

ごはん部中の人2はカラオケ大好きマンです。

さて、カラオケで歌ってよく困ることとして、曲の高いところが歌えないことがあります。

無理に地声を張り上げると喉がしまって余計出しずらくなるそうですけど…どうしたら高い声で歌えるのでしょうか?

今回の動画はそんな悩みを解決するかもしれない、「ヘッドボイス」の出し方です。

ヘッドボイスとは?

toddpoirier / Pixabay

C5 前後の 1 オクターブのあたりの高音域を、起声がしっかりした話声的な声で歌うことをミックスボイスと呼ぶ人も多い。

意味としては、頭声(ヘッドボイス)、アクート、ジラーレ、ヴォーチェフィンタ、シャウト、フランジリンボイス、ミドルボイスといった実声で高い声を出す技法を含んでおり、それらの代替用語あるいは総称のように使われている。裏声(頭声区)で地声のような音色の特に低い声を出すという解釈(ファルセットインペットに同じ)もある。
Wikipedia – ミックスボイス

「ヘッドボイス」。
調べたところでは、かなり色々な意味というか使われ方をしているようです。
ですが大体共通するところでは、裏声の中でも地声のような芯がある聴感で鳴る唱法、全般を言うようですね。

裏声=ファルセット、ということでいうと、声帯の形などで明確に区別できるものなのですが、ヘッドボイスは声帯のありかたや、はく息のコントロールによってまるで地声のようなパワフルさで高い声がだせる…というもののようです。

動画の中でコツはどこでしょう?

JOESPH / Pixabay

まず1:05あたりで実践されています。

地声からヘッドボイスまで滑らかにつながっていますね?

動画の中で言っている「レジスター」というのは「声区」というもののことです。

これはもともとパイプオルガン等で使われる概念を人の声に当てはめたものです。
なぜコレを分けたのかは自分では完璧に理解できてないのですが、音楽的に声を扱うための手法だったのだろうということはわかります。

さて、実際に何をしてるのかは英語でさっぱりパリパリです(おい!)

ですが自分でも試しつつ、以下のような感じでやったら出すことが出来ました。

  • 出したい音域を裏声で出す
  • 出したい音域のオクターブ下の地声で出してみる
  • 出したい音域のオクターブ下の地声でも出るところを裏声でだしてみる
  • オクターブ下の地声のニュアンスをいかしつつ裏声を出してみる(オクターブ下地声から裏声につなげてみる)
  • 声帯の感覚では地声の空気が当たってる感じをつかみ、それを裏声にまぜていく

あとは歌の中で使えるようになるだけですね。
あと今更ですけど、これって男性向けの記事でしたね…。
でも女性も声帯の構造は基本的に同じかとおもいますので…、というか今度女性向けの動画を探しておきます。

これで、地声を張り上げてキーが届かない状態からおさらばできるといいのですが…。
ボンジョビとか歌いたいです!

関連商品 – Amazon

関連商品 – 楽天

Loadingお気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでごはん部トラナビをフォローしよう!

down

コメントする




CAPTCHA


動画

プロフィール

ごはん部とらなび

ごはん部とらなび

ごはん部とらなびです。人外の柿生命体…。ではありません。