ごはん部トラナビ

毎日のごはんのように寄り添いたいゆるネタサイト

グラミー賞初受賞のメガデスってどんなバンド?

time 2017/02/20

congratulations

Unsplash / Pixabay

グラミー賞を初受賞した「メガデス」ってどんなバンド?

どうもごはん部中の人2です。

みなさんへヴィメタルはお好きですか?
先日、へヴィメタルバンドのメガデスがグラミー賞を初受賞したニュースが話題になりました。

メタル・パフォーマンス賞とのことなので、メタルバンドが受賞するのは普通です。
いったいどの辺がニュースなのか?

そしてメガデスというバンドはどんなバンドなのか?
この記事を読めばたちどころにわかりますよ!(なにそれ…)

メガデスとは?

メガデスについての解説です。

BIG4と呼ばれるアメリカの大物へヴィメタルバンドです

BIG4とは、メタリカ(METALLICA)スレイヤー(SLAYER)アンスラックス(ANTHRAX)、そしてメガデス(MEGADETH)のことです。

80年代に登場したバンドたちです。
日本ではスラッシュ四天王なんて呼ばれたりもしました。

へヴィメタルは諸説ありつつイギリス発祥らしいのですが、ことアメリカにおいての大物へヴィメタルバンドということになると、この4バンドが有名です。

アメリカでそれ以上の先輩になると、へヴィメタルというよりハードロック?ロックンロール?といった印象の方がある感じです。
反対にそれ以降の後続バンドは、サブジャンルのブームで成功した人たちというような印象があります(売上が先輩より凄いバンドもたくさんいます)。

このBIG4。
なかでもメタリカは群を抜いて有名。売り上げでもメタルバンドトップクラス。
グラミー賞も受賞済みです。

そしてメガデスは、このメタリカのライバルポジションのバンドと思っていただければOKです。

赤レンジャーに対する青レンジャー的なアレです。

スラッシュメタル

メガデス含めBIG4のバンドは、スラッシュメタルと呼ばれるメタルのサブジャンルで呼ばれることが多いです。

スラッシュメタル以前、雄大なギターソロと朗々とメロディアスなハイトーンボーカルを特徴としていたメタル音楽。
これにパンクやハードコアゆずりの過激な演奏・歌唱が混ざり合い、歌の伴奏にとどまらず渾然一体となったバンドアレンジの”やばい”メタルが生まれたわけです。

加えて、メガデスの場合は「インテレクチュアル・スラッシュメタル(知的なスラッシュメタル)」と評される、ジャズやフュージョンミュージシャンもかくやという、複雑で高度な独自の音楽性を確立していました。

メガデスは現在では、より多様な音楽性の楽曲をやっていますが、へヴィで速い過激さが魅力的なのは今も変わりません。

メンバー

デイヴ・ムステイン – ボーカル、ギター (1983年–2002年, 2004年–現在)
デイヴィッド・エレフソン – ベース、 バッキング・ボーカル (1983年–2002年, 2010年–現在)
キコ・ルーレイロ – ギター (2015年 – 現在)
ダーク・ヴェルビューレン – ドラムス (2016年 – 現在)
メガデス (バンド) – Wikipedia

メガデスのメンバーはギターボーカルで中心人物のデイヴ・ムステイン以外は、全員入れ替わっています。
ベースのデイヴィッド・エレフソンは初期からのメンバー。一時期仲が悪く脱退していましたが、現在はカムバックしています。

そして、ドラムともう一つのギター、このパートがどんどん入れ替わるんですよ。

日本のTV的に有名なマーティ・フリードマンは3代目ギターとのことですが、活動初期はいろいろなギタリストが出たり入ったりしていたのでしょうね。

メタリカに在籍していた過去

上で説明しました全世界トップクラスのメタルバンド、メタリカ。
そこにかつてムステインさんは在籍していました。

メタリカが最初期、注目を集めた要因にムステインさんのテクニカルなプレーや作曲した楽曲たちが挙げられます。
なんならメタリカが強力に発進できたのはムステインさんの存在がかなり大きい。

「ジェームス(※メタリカのギターボーカル)にギターを教えてやったこともあるんだ…」なんてセリフもドキュメンタリーで見た記憶があります。

しかし、彼は諸事情によりメタリカを解雇されてしまい、メタリカでの栄光と名声は享受できませんでした。

その後作ったバンドが、メガデス。というライバルになるべくして生まれたバンドなんです。
メタリカとメガデスはそんな事情もあってか何かと比較されます。

メガデスは作曲能力や演奏技術では圧倒的ながら、とくに商業面においてナンバー2になりがちでした。
この辺のストーリーは「メガデス ドキュメンタリー 狂気の旋律」にて詳しく紹介されていて、オススメです。

Amazon

メガデス ドキュメンタリー 狂気の旋律 [DVD]

新品価格
¥14,449から
(2017/2/20 11:59時点)

楽天

デイヴ・ムステインさんおめでとうございます!

メガデスはこれまで諸事情により一度解散しています。
90年代にメタリカと覇権を競っていた時代は過ぎ、その後トレンドな新人のメタルバンドもたくさん現れました。

再結成後は、往年の作風を昇華した作曲・着実なライブ評価を足掛かりに、各国のロックフェスなどで存在感をはなっていました。

これまでのノミネート12回。
活動30年を経て、ついに!のグラミー受賞はファン歓喜、シーンも祝福するトピックというわけです。

グラミー賞とは?

私でも名前は聞いたことあります。

エンタメ世界一を自負するのアメリカの音楽シーンの権威ある賞ですね。

つまり専門家、コアなファン、ブーム、などの評価だけでないぞ!という感じでしょうか。

(まあ、映画賞などもそうですが、「メタル音楽も部門として取り上げる懐の深さある賞」みたいな政治性もあると思います。とくに最初期のノミネートとかは。)

メガデスがとった最優秀メタル・パフォーマンス賞とは?

ロック
最優秀ロック・パフォーマンス賞 Best Rock Performance
最優秀ハード・ロック/メタル・パフォーマンス賞 Best Hard Rock/Metal Performance
最優秀ロック楽曲賞Best Rock Song
最優秀ロック・アルバム賞 Best Rock Album
グラミー賞カテゴリー一覧 – Wikipedia

グラミー賞、ロック4部門のうちの一つとのことです。

第59回は他にもこんな受賞者が

最優秀ロック・パフォーマンス賞
デヴィッド・ボウイ “Blackstar”

最優秀メタル・パフォーマンス賞
メガデス ”Dystopia”

最優秀ロック楽曲賞
デヴィッド・ボウイ “Blackstar”

最優秀ロック・アルバム賞
ケイジ・ジ・エレファント『テル・ミー・アイム・プリティ』

デヴィッド・ボウイは5部門も受賞しているとのことです。

5月に来日公演 – メガデス入門これを聴け!

メガデス来日決定!

え?2017/5月に来日するの?

2017/5/17(水)大阪(Zepp Osaka Bayside)
2017/5/18(木)、19(金)東京(Zepp DiverCity)

1Fスタンディング ¥9,200
(税込・入場時別途ドリンク代)
2F指定席 ¥12,000
(税込・入場時別途ドリンク代)
VIP アップグレードチケット ¥20,800 (税込)
http://www.hipjpn.co.jp/live/megadeth/

スペシャルゲストにアンスラックスを迎えての来日公演が決定!
アップグレードチケットでは、MEGADETHと直接会えます!
「おめでとうございます」って英語でなんでしたっけ?

来日に備えて予習はこちら

ベストアルバム「Greatest Hits」と新譜「DYSTOPIA」を聴けばOKです(身もふたもない)!

メガデス – Amazon

狂乱の歴史~グレイテスト・ヒッツ

新品価格
¥1,950から
(2017/2/20 12:29時点)

ディストピア

新品価格
¥2,000から
(2017/2/20 12:29時点)

メガデス – 楽天

>メガデス/ディストピア

価格:2,700円
(2017/2/20 12:25時点)

ライブで必ずやると思われる曲はこれ!

まず演奏するだろう曲をピックアップしました。

Holy Wars…The Punishment Due

Symphony of Destruction

Trust

A Tout Le Monde

オリジナルタイトルのアルバムだと一番最初に聴くのにおすすめは?

「RUST IN PEACE」「COUNTDOWN TO EXTINCTION(破滅へのカウントダウン)」が双璧でしょうか(1枚じゃないんかい)。
反対に入門で楽しむのにハードルが高いのは「Risk」ですね。
いわゆる問題作というやつで、メガデスの王道を味わってから聴くのをおすすめします。
ちなみにどんな作品かというと「ポップ寄りのメガデス」といった感じでしょうか。

Amazon

ラスト・イン・ピース

新品価格
¥1,468から
(2017/2/20 12:30時点)

破滅へのカウントダウン

新品価格
¥1,578から
(2017/2/20 12:30時点)

リスク

新品価格
¥1,649から
(2017/2/20 12:31時点)

楽天

>ラスト・イン・ピース [ メガデス ]

価格:1,481円
(2017/2/20 12:27時点)

>破滅へのカウントダウン [ メガデス ]

価格:1,851円
(2017/2/20 12:26時点)

>リスク/メガデス【中古】[☆2]

価格:380円
(2017/2/20 12:27時点)

ちなみに、再結成時にそれまでのアルバムのリマスター版(リミックスやリレコーディングもやっているらしい)が発売されています。

古い作品は音が聴きやすかったり低音の迫力がアップされているので、入りやすいのはリマスター版でしょうか。
ですが、タイトルによっては別作品の印象(「Risk」「Cryptic Writings」ジャケットも違う…。)もあるので、余裕のある方はリマスター以前のものと聴き比べても楽しいかと思います。

まとめ

大佐おめでとうございます!!

その他関連

Loadingお気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでごはん部トラナビをフォローしよう!

down

コメントする




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ポップカルチャー

イベント

ポップカルチャー

プロフィール

ごはん部とらなび

ごはん部とらなび

ごはん部とらなびです。人外の柿生命体…。ではありません。